FC2ブログ
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『YOSHIKI、20億円請求に逆提訴も』
561815_220_01.jpg


ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKIの所属事務所「ジャパンミュージックエージェンシー」(JMA)が19日、報道各社に向け、1998年に死去したXのギタリスト、HIDEさん(享年33)の肖像権をめぐって20億円の使用料を請求されたことを明かした。

JMA側は、HIDEさんの事務所らの対応次第では訴訟も辞さない構えを示した。  

HIDEさんの所属事務所「ヘッドワックスオーガナイゼーション」から、JMA側に通知書が届いたのは17日。かつてXのコンサート運営を手掛けた音楽制作会社「ネクスターコーポレーション」からヘッド社に3億円を返済させ、JMAがネクスター社に20億円を支払わなければHIDEさんの肖像権契約を無効にすると記されていた。  

5月2日に行われた十三回忌法要では、HIDEさんの実弟でヘッド社社長、松本裕士氏(42)から依頼を受け、YOSHIKIが代表焼香を行うなど両者の関係は良好だった。
今月14、15日の日産スタジアム公演でも、これまで通りHIDEさんの映像を使用。  だが、熱気も冷めぬうちに巨額な肖像権を請求された。
調査を進めてきたJMA側は、ネクスター社の代表者がヘッド社の委託を受け、代理人として動いているとした。  
JMAは今年3月、契約金や公演出演料などが未払いだとしてネクスター社に対し、約3億7500万円の損害賠償を求めて提訴している。
関係者によると、肖像権を巡る騒動は同時期から始まり、十三回忌を境に話が加速していったという。  JMA側は今回の件でヘッド社らが訴訟問題に発展させた場合、逆提訴する可能性も示唆。
「法廷の場でこれまでの事実関係をすべてはっきりさせたい」とした。  

YOSHIKIは公式携帯サイトを通じ、「HIDEの遺族の方々の意思でないことを願っている。
この問題は自分が解決する」と吐露。
先月8日には、HIDEさんの墓前に初の米国公演の成功を誓っており、「一番悲しんでいるのはHIDEだと思う。
映像があろうとなかろうと、彼と一緒に羽ばたこうと思っている意思は変わらない」と改めて決意を示した。
一方、ヘッド社側は「近日中に代理人を通して、正式なコメントをお知らせします」とした。

天国のHIDEさんのためにも、一刻も早い解決が望まれる。
スポンサーサイト
[PR]

【2010/08/20 16:26】 玲子の日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<YOSHIKI、HIDE事務所との問題にコメント「自分は戦う」 | ホーム | Iカップグラドル? バストの悩みも今では…>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

entries

comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。